本紹介「星の涙」感想

スポンサードリンク

みなさんこんんちは。ぽんさんです。

今日から8月ですね。僕の大好きな季節がやってきました!

いろんなところにお出かけしたいな。

さて、今回は「星の涙」読んだので感想やらなにやら綴っていきたいと思います。

 

あらすじ

感情表現が苦手な高2の理緒は、友達といてもどこか孤独を感じていた。唯一、インスタグラムが自分を表現できる居場所だった。ある日、屈託ない笑顔のクラスメイト・颯太に写真を見られ、なぜかそれ以来彼と急接近する。最初は素の自分を出せずにいた理緒だが、彼の飾らない性格に心を開き、自分の気持ちに素直になろうと思い始める。しかし颯太にはふたりの出会いにまつわるある秘密が隠されていた…。彼の想いが明かされたとき、心が愛で満たされる。

Amazonより引用

自分の心に壁を作っている主人公理緒、インスタグラムは自分らしさを出せることができる。ある日、クラスの人気者の颯太に写真を撮っているのを見られ、それをきっかけに二人の関係は急接近することになります。

理緒の、心の壁をインスタグラムを通じて破っていく恋愛ストーリです。

THE青春って感じです。

それでは、気になったところをいくつか挙げていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

インスタグラムを知らない人でも読みやすい

この作品は『インスタグラム』(以下インスタ)というSNSを中心に物語が進んでいきます。

しかしインスタを知らない人でもちゃんと説明があるし、そこまで難しいものでもないので問題ないです。

 

とっても人間味の深い理緒

理緒は本当に自分に自信のない女の子です。

でも、自分に自信がない人って本当に人間味が深いというか、自分のことをよく考えている証拠だと思うんですよね。

一人で悩んで考えて自分をとっても深く分析するんですよね。

そういうのにとっても人間味を感じて、作品をリアルに、より感情移入させやすくすることができると思います。

そういう点では、この作品は感情移入しやすく、とってもリアルなものにできたのだと思います。

 

スポンサードリンク

内容は少女漫画っぽい

まぁこれは女の子が主人公な時点でそりゃそうだろという感じですね笑

でも、比喩の仕方や颯太の行動はいかにも「女の子の理想」って感じで男のぼくには「???」って感じの部分がいくつかありました笑

きっと女心をくすぐる作品となっているんだと思います。笑

良くも悪くも女性作家さんの作品です。

 

結構リアルタイムの作品

この作品はインスタなんて言葉が出てきて、高校生のみんながスマホを持っているような時代の作品です。

僕が高校生の時にちょうどみんなスマホを持つようになってきている世代なので、きっとこの作品は今20歳くらいの世代が一番作品のイメージをしやすく、感情移入しやすい作品なんだなと思いました。

僕はギリギリ世代でしたのでかなり作品のイメージがしやすく、さっくり読むことができました。

 

スポンサードリンク

まとめ

先ほど書いた通り、この作品はかなり若者向けに書かれていると思います。

SNSは今の若い世代の人たちにはなくてはならない存在です

学生のSNSの使い方に対し問題視の声もありますが、この作品にはSNSの良さ、素晴らしさが詰め込まれています。

若者向けと書きましたが、中高生の子供を持つ親の世代の方にも是非読んでほしい作品です。

この夏、夏休みに是非手に取ってみてはいかがですか?

とってもお勧めです。

 

以上、ぽんさんでした。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。