『君は月夜に光り輝く』感想

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

みなさん夏はいかがお過ごしでしょうか。

ぽんさんは仕事仕事&仕事の毎日です。

お盆休みもないのです。

ブログを書くのが楽しみで毎日仕事を頑張っておりまする。

今回は、『君は月夜に光り輝く』を読んだのでその感想を綴っていきたいと思います。

では早速綴っていきたいともいます。

あらすじ

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

Amazonより引用

この作品は作中の中にしかない病気。『発光病』を患っている「渡良瀬 まみず」とクラスメイトである主人公「岡田 卓也」

感動系のラブストーリーですね。

この手の作品はぽんさんの大好物です。

では早速気になったところをピックアップしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

出会いは偶然。でも結末は必然。

あらすじを見ていただければわかる通りまみずは『発光病』に侵されおります。

病に侵される美少女=ラストは感動の死。

これは必然です。

この作品は、死に憧れる少年と、生を望む少女。お互いがお互いを惹き合う物語はゆっくりじんわりと僕の心に沁みわたっていきました。

 

死んでいく絶望と生き残る絶望

難病を抱え、死を受け入れざるを得ないまみずの気持ちや大切な人を亡くして生きていくことに投げやりになってしまう卓也の気持ちも僕にはわかりません。

毎日当たり前のように生きていつも隣には大切な人がいる。この当然のような日々は実はとってもとっても幸せなことなんだ、と改めて実感しました。

この『死んでいく絶望』と『生き残る絶望』を持ったお互いの存在が、出会えてよかったと実感させるもにななって非常に良かったと感じています。

 

スポンサードリンク

まとめ

全体を通して世界観や登場人物の言動が僕はかなり好きでした。

後半は特に泣かせに来るので終盤は家で読むのをお勧めします。。。

通勤途中に本読んで泣いてたらだいぶやばいやつですからね。。。

この作品を通して、日々の幸せや、いつも隣には大切な人がいるという幸せを本当に実感することができました。

卓也の人生が閉じるとき、まみずの声や顔を思い出し、本当の意味で素晴らしい人生を過ごすことができたと実感することをひっそりと祈っております。

 

世界観や表現が本当に繊細な作品で、読んでいてその世界に飛び込みたくなります。

この夏是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

おすすめします。

 

以上、ぽんさんでした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。