まだ間に合う!読書感想文おすすめ5選と本選びのコツ(2017)

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

みなさん夏休みの宿題で一番面倒なのって何ですか?

そうですよね。読書感想文ですよね(強制)

今回は!!!そんな悩める学生たちにぽんさんから読書感想文におすすめの作品と作品選びのコツを教えるよ。

 

サクッと終わらせるコツ

読書感想文をサクッと終わらせたいのであれば、あらすじと物語の序盤と終盤、これを読めば大丈夫です。

これらをもとに今は読書メーターだったり読書感想記事を読みながら引用していっていけば原稿用紙2~3枚くらいはサクッと書けちゃいます。

今は、インターネットが普及してるので意外と探せば出てきますよ。

しかしながらこれから紹介するものは比較的読みやすいものばかりなので2~3時間ほどで読めてしまいます。

できれば、最後まで読んでほしいですね。

 

スポンサードリンク

本選びのコツ

本選びには、なるべく読む本が被らないような本を選ぶのがコツです。

理由は、物語のすべてを読んでいないということは、感想文を書いていて多少、つじつまが合わなくなってしまう可能性が出てきます。

ましてや、それが先生の読んでいる本ならなおさらやばいですよね。

なのでできるだけみんなが選ばないような本を選びましょう。

それではこれらのことを踏まえた、読書感想文を書きやすく、なるべくみんなが選ばなそうな本を紹介していきたいと思います。

ちなみにこれから紹介する本は、完全にぽんさんの好物のみで出来上がった特選なので、言わずもながら恋愛小説ばかりです。

恋愛小説が好きな方にはおすすめです。

 

君は月夜に光り輝く/佐野 徹夜

『君は月夜に光り輝く』感想

2017.08.07
こちらの作品は発光病という病と闘うヒロインとその同級生の主人公の恋愛小説です。

最後はとっても感動しますし、非常に読みやすく、2~3時間ほどで読み終わってしまいます。

テーマもはっきりしているので感想文もとっても書きやすい作品となっております。

 

スポンサードリンク

三日間の幸福/三秋 縋

本紹介「三日間の幸福」感想

2017.07.27
こちらの作品は自分の寿命を1か月を残して売ってしまい、その1か月の間を監視員のヒロインと過ごすという簡単に説明するとわけのわからない物語です。

しかしながらこちらの作品も非常に読みやすく1日で簡単に読み終わってしまいます。

感想記事も結構出回っていて参考にしやすい作品です。

テーマもはっきりしていますのでおすすめです。

 

八月の終わりはきっと世界の終わりに似ている。/天沢 夏月

本紹介「八月の終りは、きっと世界の終わりに似ている」感想

2017.07.12

こちらの作品は心臓の病を患っているヒロインと、主人公のたった40日の恋物語です。

この作品も、『大切な人の死』をテーマにしているので、とっても感慨深い内容となっております。

ヒロインが死ぬ前のヒロインと昔使っていた交換ノートを通じて過去を変えようとする物語で、多少ファンタジーっぽい感じではありますがとっても感情移入しやすく読みやすい作品となっております。

こちらも感想記事が結構出回っており、非常に感想文が書きやすい作品となっております。

 

スポンサードリンク

君に恋をするなんて、ありえないはずだった。/筏田 かつら

本紹介「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」感想

2017.06.29

こちらの作品は受験勉強に励みつつも、スクールカーストの上位に位置するイケてる女子高生のヒロインと、その真逆に位置する男子高生のすれ違いが多すぎる物語です。

全部で2巻の作品となっておりますが内容が最高すぎて1日で余裕で2冊読み終わってしまうと思います。

僕が読んだ本の中では最高に印象に残った作品です。

是非、今からでもお勧めします。

この作品は割合と最近出た作品なのであまり感想記事が出回っていないですね。

しかしながら受験勉強や恋愛に葛藤する彼らの思いや言動はとってもリアルでつい自分と照らし合わせてしまう作品で自分の思いにしやすい作品なので感想文にお勧めです。

とってもいい作品なので今から本屋に直行です

 

星の涙/みのり

本紹介「星の涙」感想

2017.08.01

この作品は普段はちょっぴりさえない子だけど実はinstagramでは数千人のフォロワーがいるという女子高生の物語です。

体育祭で、応援団の衣装係を任されてしまい、それをきっかけにみんなのリーダー的存在の団長と距離を縮めていきます。

しかし、ある出来事をきっかけに親友の女の子にinstagramをやっているのがばれてしまいます。それをきっかけにそのことの関係は悪くなってしまいーーー

結構イマドキの女子高生を描いた作品ですね。

SNSを題材にして、今の高校生の生活や思いをリアルに表現しています。

結構そういうのに疎い先生が国語の先生ならこの作品の意味がよくわからず、書きやすいかと思います笑

本も読みやすく、今学生をやっている方なら結構自分の思いを感想文に書きやすい作品です。

1日あれば簡単に読めてしまうのでお勧めです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今日紹介した本たちはすべて僕が紹介記事を書いているので感想文の参考にしてください。

最初に「サクっと終わらせるこつ~」なんてありましたが、本はしっかり最後まで読んでほしいです。

僕が紹介した本はすべてとても読みやすい本ばかりだし、今どきの学生さんならきっと楽しく読めるかと思います。

最後までしっかり読んで、自分の思いをぜひ書いてほしいです。

今からでも全然間に合いますので、この夏の締めくくりに1っ冊本を読んでみてはいかがでしょうか。

以上、ぽんさんでした。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。