会社で評価されたいなら『忙しい感じ』を滲み出せ

スポンサードリンク

みなさんこんにちは、ぽんさんです。

突然ですが皆さんは会社で上司や先輩、後輩などにどのような評価を受けているか気になったことはありませんか?

先日、会社の飲み会で『?』という出来事があったのでちょっと今日はそのことについて書いていきたいと思います。

 

昔から他人にどう思われてるとかあんまり気にしないタイプの人間だった

僕は、小さいころから他人にどう思われてるとか気にしないで生きてきました。

自分のベストを尽くしていれば自然と評価は付いてくる。

他人の評価に気を取られて、自分のベストを尽くせなければ元も子もないし、他人の目を気にするのはとってもストレスになってしまうと思っている人間です。

それで生きてきて不便に思ったことはないし、ちゃんと、友人関係も築けているのでこの生き方は僕に合っていて、間違ってはいないんだと思って生きてきました。

 

スポンサードリンク

先日、飲み会での出来事

しかし先日、会社の飲み会がありその場で、酒に酔った僕の上司にあたる人間がポロっと吐いた言葉が気になりました。

「君は、もう少し努力した方がいいよ。まだまだ仕事はできるだろうに。」

その言葉のあとにこう付け加えました。

「あの子(1年ぐらい後輩の女の子)はとっても努力しているよ?君も見習いなさい。」

 

「は?」

 

一滴もお酒を飲んでいない僕は「は?」とガチトーンで上司に向かって言ってしまいました。

僕も、お酒を飲んでいたら上司にかみついてたかもしれません。

 

そんな些細なことでいちいち…

なぜ、僕がこんなにも気に障っているのか。相手は酒を飲んでいてそんなことでいちいち腹を立てるなと思うかもしれません。

でも、その後輩は僕の持ってる仕事の半分も自分にまかされてる仕事はないし、ちょっと仕事を任されると

 

「今の自分にはこれが精いっぱい」

「え~今忙しいから厳しいです」

とか言ってあんまり仕事を手伝ってくれない後輩なんですよね。

そのくせいつも「忙しい」が口癖で事あるごとにそのセリフを口にします。

そんな人より自分が頑張っていないと、評価されたのが悔しかったのです。

 

スポンサードリンク

絶対に努力を表に出したくない性格

僕は絶対に努力を表に出したくない性格です。

昔、スポーツをやっていたということもあるかもしれませんが、基本的に努力っていうのはすればするほど自分の力になっていくと思うし、他人に見せたところで何にもならない。と思っていました。

たとえ何かの仕事を頼まれても、特別な理由がなければ断らないようにしてるし、自分はまだまだやれるという姿勢で仕事に臨んでいました。

自分の成長のためにも、この会社にいる限りは自分のできることをできるだけやるという姿勢です。

しかし、そのやり方は見る人によっては全く意味がないというのが今回分かった気がします。

 

何にそんなに怒ってるの?

決して僕は、『自分の評価が低い』ことに対しては全く腹を立てているわけではございません。

自分の目でしか見ていない情報でしか人を評価していないことに非常に憤りを感じました。

先ほど書いた通り、僕は自分がどう思われてるとかは全く気にしたことがないし、どういわれようとなんとも思いませんでしたが、『あからさまに自分より未熟な人より自分の評価が下でそのことについて咎められた』というのにはさすがに糸が切れてしまいました。

 

スポンサードリンク

会社では『努力』をアピール存分にアピールしたほうがいい

僕の場合ですが、やっぱり会社では『努力』っていうのは上司や先輩にどんどん見せていった方がいいのかなぁと感じました。

僕の会社の上司は、あんまり現場に出ていなく正直、部下のことはあまり見ていられないというのが事実です。

だから自分の目で見ているところだけを評価し、お酒が入っていたとはいえああいう発言が出てしまったのだと思います。

正直悔しい話ではありますが会社っていうのはほとんどの人が『お金』のためにやっていることであってお金はどこから発生するのかというとそれは『会社』からです。

その会社にいい評価を受けないと給料も上がらないし、悪い印象を与えると仕事がやりづらくなってしまいます。

なのでやっぱり『努力』っていうのはどんどんアピールしていかなくてちゃいけないところなのかなぁと感じました。

 

それでもひたむきな努力をちゃんと見てくれている人はいる。

ちょっとキレかかった飲み会の数日後、飲み会の時にそのやり取りみなだめてくれた先輩と飲み会の愚痴をしていたら。

「ぽんくんはなんでもスマートにこなしちゃうでしょ。だから余裕そうに見えちゃうんだよ」

と言ってくださった先輩がいました。

やっぱり見てる人はちゃんと見てくれているんだなと思いました。

今回、僕は上司からはさほどの評価はもらえなかったようですが、見てくれている人はしっかりと見ているし、そういうのって結局は自分の力になるわけだから僕はこのやり方をずっとこの先続けていこうかと思います。

皆さんも、ひたむきな努力はもちろんのこと、しっかり自分をアピールするというのもお忘れなく。

 

以上、ぽんさんでした。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。