急な便意!?うんこを我慢する方法5つ

スポンサードリンク

みなさんこんにちは、ぽんさんです。

この記事を見ているあなたはきっと強烈な便意に襲われている。そんな状況だと思います。

うんこが漏れそうで仕方がない、うんちが漏れてしまう。そんな危機的状況だと思います。

便意があって携帯いじれる暇があるならさっさとトイレに行け。そう思うかもしれません。

しかし、スマホはいじれてもうんこは出来ない。そんな状況はあるかと思います。

車の中だったり、電車の中。はたまたグッズの抽選会や有名食事処で並んでる最中だったり。

そんなあなたに僕が考えたうんこが漏れそうなときに少しでも気を紛らわせるテクニックを伝授したいと思います。

こんな長々しい文章うんこが漏れそうな人は絶対に見てないと思うのでさっさと行っちゃいますね。

 

其の一.整腸剤、下痢止めを飲む

この方法が正直一番有効です。

自分がこれから行動する際にトイレに寄る時間がないと分かっていれば絶対に用意しておくのがいいと思います。

今は、cmでもやっているように水なしで飲めることができるのがほとんどです。

人にもよりますがほんの数分で薬が効いて嘘のように便意も収まります。

正直、自分が使うカバンの中だったり、財布の中にでも一錠入れておくのがいいかと思います。

 

スポンサードリンク

其の二.身体を動かす

これは非常に簡単です。

身体を動かすことによって別のことに意識を集中させます。

すると不思議。いつの間にか便意が収まってしまいます。

誰もいない道で50mほど全力疾走をしてみてください。ケツの筋肉も締まってよりうんこを外に出さない構造を作り上げます。

ただし、これには人それぞれのコツと個人差がありますので全力疾走の際に気が緩んでうんこを放出しないようにお気を付けください。

 

其の三.便意を抑えるツボを押す

便意を抑えるツボというのが存在します。

ツボなんて迷信でしょ?なんて思う方もいるかもしれません。

しかし、世界保健機関(WHO)もツボの効果は認めていて決して迷信やオカルトの類ではございません。

こちらにツボが記載されていますのでご参考に確認ください。

 

スポンサードリンク

其の四.肛門に指を入れ、うんこを物理的に封じる

うんこというのは肛門からしか出てきません。

簡単なことです。出口を塞げば良いのです。

しかし、棒状の『物』を入れるのはそれ事便をまき散らしかねません。

そこで一番友好的なのが『指』です。

指なら絶対に抜けることはないですから非常に安心です。

 

其の五.とにかく自分の全ての力を込めてケツの穴を締める

全身全霊。自分の全てをかけてけつの穴を締めてください。

上のものと一緒ですが肛門を塞ぎ、物理的に放出を塞ぐ作戦です。

しかし、この方法にはケツの筋力を非常に必要とし、筋力にも個人差があり、持続できないことから諸刃の剣ともいえる術です。

ほんとの最終手段に使ってみてください。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

便意というのは尿意に比べて我慢が難しいものになります。

薬があれば一番手っ取り早いのですがそうともいかないことは多々あるかと思います。

そんな時にこれらの方法が役に立てば幸いです。

今回紹介した5つの方法はほんの一部です。皆さんも自分なりのうんこ我慢方法をこのサイトを通じて取得していただけれたらと思います。

しかし、結局のところ出るものは出てしまうのです。皆さんも長距離の移動や電車に乗る前にはちゃんとトイレに行ってくださいね。

以上。ぽんさんでした。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。