どこよりも遠い場所にいる君へ(阿部 暁子)感想

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

今日は阿部 暁子さんの『どこよりも遠い場所にいる君へ』を読んだのでその感想を書いていきたいと思います。

あらすじ

ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。
采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。そして、身元不明。入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール!

-Amazonより引用-

 

横浜の私立中高一貫校に通っていた月ヶ瀬和希はとある理由により内部進学を辞め、離島にある采岐島に進学した。

そこには絶対に入ってはいけない入り江があるのだが和希はそこに立ち寄っては海を眺めていた。

ある日、いつものように入り江に入っているとそこには少女が倒れていた。

病院に運ばれた彼女は『七緒』と名乗った。

そして彼女が入り江でつぶやいた1974年の意味とは…

 

僕個人的にはとてもそそられるあらすじですね。

では早速気になったところを幾つか書いて生きたと思います。

 

スポンサードリンク

登場人物多い

まず最初に印象に残ったのが登場人物の多さです。

主人公とヒロインのほかに結構登場シーンの長い人物が5人以上出てきます。

ほんとに最初から最後まで出てくる人物ばかりなので結構自分の頭の中での登場人物のイメージを固めるのに時間がかかってしまいました。

僕は結構登場人物がたくさん出てきてしまうと読むのに時間がかかって少し読むのが億劫になってしまいます。

しかしキャラクターが多い作品は後半に勢いが出る作品が多い傾向にあります。

また、逆に登場人物が多く性格などをイメージするのが好きな人はお勧めの作品です。

 

作品の舞台がすごくいい!

作品の舞台は離島の采岐島というところです。

もちろんそんな名前の島は現実には存在しませんが非常にイメージしやすく僕はとっても好きな場所です。

また、季節も夏ということで夏と海と高校生をこよなく愛すぽんさんからすればめちゃめちゃお気に入りの作品となりました。

田舎暮らし、してみたいなぁ。

 

スポンサードリンク

後半の勢いが半端ない

前半に登場人物のイメージがはっきりしてきて前半よりすらすら読めることに加え、後半で登場人物それぞれの秘密が次々に明らかになっていく過程の勢いが半端じゃありません。

前半の倍以上のスピードでページがめくられていきました笑

登場人物たちの恋愛関係も結構交差してて読んでいて「こうなって欲しい!」とか思いながら読んでいました。

 

切ないラスト

それぞれの苦悩や葛藤。どうしようもできない過去の出来事。

それらをすべて受け入れて生きていこうという登場人物たちの決意が読んでいてとても切なく感じました。

しかし、全てが明らかになった瞬間。涙なしには読めない作品だと思います。

 

スポンサードリンク

まとめ

この手の作品は結構読み手によって感想が違う作品だと思います。

完全なハッピーエンドとは言えないがバットエンドとも言えない。そんな作品だと思います。

実際僕の感想として和希はこれからも現状を受け入れて生きていくんだなぁと思います。

しかし、七緒やいろんな仲間に支えられて今まで空に閉じこもって壁を作って生きてきたけど、これからは本当の自分をさらけ出して自分らしく生きていくんだろうな。と思いました。

この作品を通して自分らしく生きる大切さを少し学んだような気がします。

 

この作品を作った作者様と和希と七緒に感謝です。

 

以上、ぽんさんでした。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。