『夜のピクニック(恩田 陸)』感想

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

今日は、『夜のピクニック(恩田 陸)』を読んだのでその感想を書いていきたいと思います。

では、さっそく。

 

あらすじ

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

-Amazonより-

 

丸一日をかけて前80キロという工程を学校全体で歩きとおすという伝統ある行事『歩行祭』

この学校の生徒である『甲田 貴子』はこの歩行祭にある賭けをしていた。

同じ学校の同じクラスに貴子とは異母兄弟の関係にある『西脇 融』のことについて…

3年生になりまさか同じクラスになってしまった彼との最初で最後のチャンス…

 

さっそく気になったところを幾つか書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

2人の場面が交互に入れ替わる

この作品はあらすじだけ見ると甲田貴子をが主人公なんだろなぁと感じがちですが、実際は西脇融と二人で物語が進んでいきます。

実際の主人公は貴子だけではなく、融との二人で構成されています。

しかしながら貴子と融は母親違えど父親は一緒。思考だったり根っこの部分は似ているところがあり非常に読みやすい作品になっております。

 

新鮮な感情や共感

この作品は高校生という身近な存在で場面ごとの景色は想像しやすいですが、歩行祭という80キロというとても長い距離を1日かけて歩くという考えるだけで地獄の行事に青春をかけています。

僕なら絶対に途中でテキトーなことを言ってバスに乗ることを志願しますが、この作品を読んでいると途中退場は絶対に嫌だというこの学校の生徒たちの強い意志を感じました。

まず、その感覚に自分もなりきってこの小説を読むことを念頭に置かないと、ずっと『なんでこんな行事に青春かけてんだ?』っていう疑問を持ちながらこの物語を読むことになってしまうでしょう。

読者はまず、融や貴子と同じ気持ちになるとこの物語がより一層いい作品になると思います。

 

さらに、融と貴子は異母兄弟。そんな境遇にある人間はあまりいないと思います。

シングルマザーだとか、そういう人は良く見ますが、異母兄弟がいてましてやそれが同じ高校の同じクラスになってしまうなんてまずいないと思います。

高校生という、ほとんどの人間が通過する成長の過程の中で特異でリアルな感情や共感を歩行祭という聞いたこともないイベントの中で繰り広げられる融と貴子、また周りの友人たちの言動に非常に新鮮な共感や感動を覚えました。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

この作品は高校生最後の~的なあつ~い恋愛小説だと思って購読しました。

しかしながら僕の予想に反し、特異な環境の二人の心情をリアルに表現した作品だと思います。

ページ数も多く、読むのに労力を使うかななんて思っていましたが、全くそんなことはなく非常に読みやすい作品でした。

だけど比較的に落ち着いた作品となっていて、羽陽曲折は見られずのんびりとした作品として言いまとまり方をしていると思います。

本屋大賞も受賞している作品なので万人受けすることは間違いないと思います。

まだ読んでない方は是非手に取ってみてください。

 

以上、ぽんさんでした。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。