『勝手にふるえてろ(綿矢りさ)』感想

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

今日は『勝手にふるえてろ(綿矢りさ)』を読んだのでその感想を書いていきます。

では、さっそく。

 

あらすじ

恋愛しないとだめですか?賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。どっちも欲しい、どっちも欲しくない。迷いながら、ぶつかりながら、不器用に進んでいく。片思い以外経験ナシの26歳女子が、時に悩み時に暴走しつつ「現実の扉を開けてゆくキュートで奇妙な恋愛小説。

江藤良香、26歳、OL。中学時代の同級生への片思い以外恋愛経験ナシ。おたく期が長かったせいで現実世界にうまく順応できない不器用な彼女だったが、熱烈に愛してくる彼が出現! 理想と現実、ふたつの恋のはざまで右往左往、揺れ動くヨシカ。時に悩み、時に暴走しながらやがて現実の扉を開けてゆく。遅咲きの主人公はコミカルながら切なく、そして愛おしい。妄想力爆発のキュートな恋愛小説が待望の文庫化。

-Amazonより-

気になったところをいくつか書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

捻くれてて、自由で。

主人公のヨシカはめちゃくちゃ捻くれてて破天荒な生きかたに読んでいていいなぁと思った女性は多かったのではないでしょうか。

身勝手というほどでもないが、とにかく自由に生きている感じが現代の若者を上手く表現しているような気がしてついつい読み入ってしまいました。

 

追いかけるか、追うか。

これは恋愛に生きる女性のテーマでもあるかと思います。

ヨシカは自分を追いかけてくれる『ニ』と中学生のころからの永遠の片思いの相手の『イチ』とどちらを選ぶか自分の中の世界で二人を恋人として置き換えながら物語が進んでいっています。

『イチ』を選べば『イチ』は一生自分を本当に愛してくれることはできないでしょうが、『ニ』を選べば自分は一生『ニ』を本当に愛することはできないであろうと思います。

どちらを選ぼうが本当の幸せをつかむことはできないヨシカは少し哀れに感じました。

 

スポンサードリンク

まとめ

非常に現代の『売れ残り』の女性を上手く表現した作品だと思いました。

オタク気質な26歳のヨシカは誰とも付き合うことなく自分の世界とルールを構築して生きていました。

そんな彼女が突発的に行動的になったり、急に『ニ』を突き放したり。

自分を劣悪な環境に置いて、言い訳を作る。

まさに現代の人間を顕著に表した作品だと感じました。

映画化もされた作品なので、映画も合わせて読んでみるのはいかがでしょうか。

 

以上、ぽんさんでした。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。