【夏休み企画】読者さんのおすすめ小説紹介!!!『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。ぽんさんです。

今日は夏休みの特別企画としてこのブログの読者様からこの夏休みにおすすめしたい恋愛小説を募集しておりました!

今回はその企画の第二回となります!

では早速紹介していきたいと思います!

 

今回の読者様紹介!

今回の読者様の紹介です!結構シャイな方でほとんど非公開なものが多いですが笑

では早速。

ぽんさん
では早速!名前と年齢、性別をお伺いします!
まさる様
まさるです!25歳男性でございます!
ぽんさん
まさるさん!今回はよろしくお願いします!この度、紹介してくださる作品を教えてください!
まさる様
今回紹介する作品はしめさばさんの『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』です!
ぽんさん
お、確か角川から出てる作品ですね?表紙のイラストが結構僕的には印象深いですね。では早速紹介をお願いします!”
頑張ります!

 

スポンサードリンク

あらすじ

5年片想いした相手にバッサリ振られたサラリーマンの吉田。ヤケ酒の帰り道、路上に蹲る女子高生を見つけて――「ヤらせてあげるから泊めて」「そういうことを冗談でも言うんじゃねえ」「じゃあ、タダで泊めて」なし崩し的に始まった、少女・沙優との同居生活。『おはよう』『味噌汁美味しい?』『遅ぉいぃぃぃぃぃ』『元気出た?』『一緒に寝よ』『……早く帰って来て』家出JKと26歳サラリーマン。微妙な距離の二人が紡ぐ、日常ラブコメディ。

-Amazon-より

なんかもうあらすじが萌えアニメって感じですね笑僕自身萌え豚なので読んでみたい作品ではありました。笑

 

この本を紹介する理由

この恋愛小説は、独身の男性が読んでこんな状況に自分もいられたらうれしいなあと思いながらひたれる人が楽しめるものなんではなにかと思っております。

かなり男性の視点で描かれているんではないかなあとも思いますので、十代ではピンとこないくらいの寂しさもあるのかもしれませんが、大学生の一人暮らしの男の子らでしたら理解できる範囲ではないでしょうか。ただ女の子もこれを読んでみてこんなこといわれたら死ぬほど男は喜ぶんだと勉強できます。笑

 

スポンサードリンク

作者の妄想を共感

この『ひげを剃る。そして女子高生を拾う』はカクヨムというインターネットとかWEB小説とか言われている分野から評価を受け広がっていき、ついには商業出版という道すじをこえて今みんなの手元に届いている作品です。

独りよがりな、純粋な混じりけのない妄想や希望がここまで人に同感、同情、共感を得て楽しませてくれるのかとそういうところが今の世の中の人一人が持っているメディアの力なんだなあとつくづく驚きも感じますし、いつか自分も妄想で生きていきたいという風にさえ思わせられます。作者の「しめさば」さんの内なる考えというわけです。

 

男という生き物の内なる軽さを抑えつつ

この作品の出だしはいきなり自分の気分とシンクロしたのを覚えております。

何か会社で働いている立場の男が会社で好きになった女の子にふられた後に、やけになってやけ酒を飲みまくる。俺もよくやることですし、大学生の頃からそれは変わっていません。ただこの作品ではその後に女子高生が現れます。

そして男の欲望に即効訴えるようなセリフを言いながら近寄ってきてくれるんですね。そんな場面夢のまた夢なんですがそういうことが実際に起こったらどういう風にふるまうのか、この作品の登場人物の男は割とモラルのあるやつなんでそこがまた面白い。

スポンサードリンク

色んな始め方がある恋愛

旧題が「『剃り残した髭、あるいは、女子高生の制服』」で商業用の変更後が『ひげを剃る。そして女子高生を拾う』。

このタイトルが頭の中で何だかこだましているんですよね最近。今女子高校生であるみなさんはまねしてはいけませんが軽はずみな行動から始まった微妙な恋愛ごっこみたいのが本当になっていく、形から押していったものの中身が実はそのままの形に変形されていくみたいなことが起こっていくんですよね。

これは今十代や二十代の人の方が得意だと思います。無謀ででも冒険的で、自分もそういうところから始まった恋がありましたが正しさばかり求めていてはいけなかったと反省させられます。

 

まとめ:十代や二十代の女性がこの作品から得られること

とにかく男目線なんで女の子は何これ、とか何コイツなどと思ってしまったり、少し状況に冷めてしまったりなんかする可能性がなきにしもあらずかなあとも思っています。

しかし、何と言いますか、この作品のヒロインの女子高生の無邪気な有無を言わせないかわいさといいますか、そういうところはものにしてほしいなって思います。同じような台詞を言えといっているわけではありません。

本当に言うと現実世界ではとんでもないことになったりしますから。ただ、本当に好きな相手だと思えたとき、ちょっと率直な考えで相手をいい気分にさせてあげられたら結構ほしい恋愛がものになったりするのかなとも思いますよ。

 

 

この作品の感想は以上です。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

ぽんさんから

いや~噂には聞いていた作品でしたがなかなか面白そうな内容ですね。

なんか、アニメ化しそうな感じで今押さえておきたい作品なことは間違いないですね。

この本は今現在2巻も発売されており非常に興味があります。

皆さんもぜひ手に取ってみてくださいね。

 

今回紹介してくださったまさる様!本当にありがとうございました!

夏休みまだまだ始まったばかりです!これからもどしどし本紹介記事のライター様を募集しております!参加したい方はぜひ僕のTwitterをフォローの上DMかリプを下さい。

 

以上、ぽんさんでした。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本当に平凡な人の読書感想や旅行のおすすめポイントなどをまとめたブログです。たまに語りだしたりしちゃいます。ちなみによく聞かれますがこのブログの読み方は「ぽらいふん」です。